ビジネスに相応しい店

ビジネスランチに使えるお店

ビジネスランチ英語の必要性

日本人はビジネス交渉時の英語はできるのですが、ランチの時の社交が苦手な人が多いようです。アメリカでは商談をしながら朝食や昼食をとることがほとんどで、その反対に夕食の接待はあまりありません。そして商談はこの食事が終ってから本格的な交渉になることがほとんどです。ランチ英語でうまく会話が進めば、その後のビジネス交渉はスムーズに進むことができます。会話が苦手だという人も、まずは挨拶からがんばってみましょう。カタコトでもつっかえながらでもいいから、交渉相手とうまくコミュニケーションをとることができれば、自分の自信にも繋がってきます。

ビジネスランチに使えるお店選び

ビジネスの話をする為のランチを取引先の方やお客様とする場合は、相手との間柄によっても異なりますが、ファミリーレストランがおすすめです。手軽な雰囲気で、気取らずに食事が出来て、座席も物を書いたり書類に目を通して頂きやすい作りになっています。値段も良心的な値段になっているのもポイントです。お金の話や、周りに聞かれて困るような個人情報といった話であれば、個室があるお店を選ぶようにしましょう。最近では、個室を用意している居酒屋などでもランチ営業をしています。お昼の時間を上手く利用してビジネスを成功させましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ランチも重要なビジネスの場 All rights reserved